2010年04月24日

<掘り出しニュース>親子タケノコ、府中で見つかる (毎日新聞)

 【東京】府中市若松町4の民家敷地内の竹林で19日、大きなタケノコに半分くらいのタケノコがくっついた「親子タケノコ」が見つかった。掘り出した森田春文さん(81)は「50年ほどこの場所で掘っているけど初めて見た。親が子をおぶってるみたい」と驚いている。

 見つかったタケノコは長さ約30センチで孟宗竹(もうそうちく)と呼ばれる種類とみられる。根元近くから約15センチの小さなタケノコが生えているが、根元部分は一つのタケノコに見える。

 富士竹類植物園(静岡県長泉町)の柏木治次研究員によると、タケノコは人間に双子が生まれるように、まれに二つに分岐することがあるといい、五つに分かれたケースも報告されている。何らかの原因で先端の成長点が別れて細胞分裂を繰り返し、それぞれが成長するためだという。【池田知広】

<殺人未遂>容疑の男逮捕 警察官にシンナーかけ火 名古屋(毎日新聞)
コイも受難、火山噴火で渡欧できず(読売新聞)
全国学力テスト、7割が参加=抽出調査に移行−文科省(時事通信)
“緑藻”からバイオ燃料 筑波大大学院教授・渡邉信さん(産経新聞)
4月分の給与支払わず=免職取り消しの職員に−阿久根市(時事通信)
posted by にゃんにゃん at 19:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。