2010年01月29日

普天間問題で首相「結論先送りしてよかった」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は22日の衆院予算委員会で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設先の決定時期について、「昨年末までに結論を出していたらどうなっていたかと考えたとき、5月末まで(に決める)という形にして、今は良かったと思う」と述べ、結論の先送りを正当化した。

 24日に投開票が行われる同県名護市長選を前に、現行のキャンプ・シュワブ沿岸部(同市辺野古)への移設計画に対し、反対論がある沖縄の県民感情に配慮したことを強調したかったようだが、現行計画での早期決着を促してきた米政府の神経を逆なでしかねない発言といえる。

 首相は「5月末までに米国とのすり合わせを行い、最終的な政府案として必ず結論を出す」とも述べ、同月中の決着を図る決意も強調した。

 首相は結論先送りを決めた昨年12月にも、「日米の合意の重さと沖縄の県民の強い思いを同時に考えたとき、今すぐに結論を出せば必ず壊れる」と述べていた。

【関連記事】
沖縄知事「普天間反対派当選でも現行計画容認」
「日米関係にひび入り始めた」 鳩山外交で北の機関紙
首相、普天間移設先「昨年末に決めなくて良かった」
普天間問題 「5月決着」あやふや 検討遅れ“連立の事情”
「5月を期限と言うのは失礼」 普天間問題で米国務次官補
 

検討委の結果待つ=仲井真沖縄知事(時事通信)
敗北受け「日本らしい保守」掲げる=新綱領を採択−自民(時事通信)
大阪府内の私立高専願率が7年ぶりに上昇(産経新聞)
東京芸術劇場の外部チケットサイト「ガンブラー」感染(産経新聞)
大阪・城東区で民家火災、足の不自由な59歳死亡(産経新聞)
posted by にゃんにゃん at 17:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。